透析クリニックの看護師は海外旅行に行く人が多い

旅行

クリニックに勤務しようと考えていますか?
私は研修も含めて3つの透析クリニックで働いたことがある臨床工学技士です。

そこで見てきた看護師さんの実態を赤裸々に解説しようと思います。

 

私が印象的だったのが、年に数回は海外旅行に行っていることでした。

今回は透析クリニックの看護師さんが海外旅行に頻繁に行けた理由をご紹介します。

透析クリニックは給料がいい

看護師さんの透析クリニックの平均年収は470万円ほどです。
この年収は多いと思いましたか? 少ないと思いましたか?

看護師の平均年収が480万円なので、少ないと思ったかもしれませんね。

 

この透析クリニックの平均年収は、夜勤がなくてこの年収です。
看護師全体の平均年収は夜勤込みの年収なのでこうしてみると多くないですか?

透析クリニックによっては仕事を終えたサラリーマンの方などが透析を行うための準夜勤があり、準夜勤を行うと手当がつきます。
なので、この平均年収よりも多くもらえるということになりますね。

シフト制で有給が使える

透析クリニックの勤務はシフト制です。
日曜が休みで月曜日から土曜日の間でどこか1日休みが入り、完全週休二日になっているところが多いです。

 

祝日などカレンダー通りの休みにはならないのですが、有給は基本的には自由に使えました。
もちろん、他の看護師の休みとなるべく被らないように配慮はします。
事務員からも有給が消えてしまうから早めに使ってくれと言われるくらいホワイトなところが多いです。

 

夏季休暇や冬季休暇などが設けられ、これは期間内に使ってくれというものです。
この休みを使って1週間休むというスタッフが多かったです。
もちろん、部分的に利用することも可能でした。

 

海外旅行にいく看護師さんはこの夏季休暇や冬季休暇、そして有給を組み合わせて1週間以上休みをとって楽しんでいる方が多かったです。

中には1ヶ月丸々休む看護師さんもいました。

まとめ

透析クリニックで勤務している看護師さんは給料を多くもらっています。
準夜勤がある透析クリニックなら割高でもらえます。

 

休みがないというようなブラックな病院ではなく、比較的有給は自由に使えました。
私も1ヶ月の間に合計で2週間休んだこともありますからね。

このように年収を多くもらえて、休みも比較的に自由に取れることから海外旅行に頻繁にいく看護師が多かったです。

私は3つの透析クリニックを経験していますが、どの施設でもこのような感じでした。

>>病院とクリニックの仕事の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*